退職理由はどうする?看護師を退職する時の決めフレーズ

退職理由は看護師を辞めたい人が悩む最大のポイントです。

看護師を辞める理由の中で代表的なものは、嫌な上司や同僚がいるなどの人間関係、給与など待遇に納得できないなどです。

今の病院に不満があるから辞める人が多いものの、実際に不満があると口にするのははばかられます。転職活動でも、現在の会社の悪口などを口にしてしまうと大きく評価が下がりますので、本音と建前をうまく使い分ける必要があるでしょう。

転職先が同じ地域の場合、喧嘩別れのように火種を残すとそのことが知れ渡るケースもあり、例え病院に不満を抱えていたとしてもなるべく円満に退社するのがベストです。

看護師を辞めたい人がよく使うのがキャリアアップのためという言葉で、現在の病院では実現できないことがあるという意思表示です。
仮に人間関係に不満があってそれを会社に伝えた場合、それなら違う部署に移ればよいといった感じに話が進むこともあります。

病院側としてはなるべく引きとめようとするので、退職理由は病院に所属したままでは不都合なのだとアピールする必要もあるのです。

病院の批判をしてはならず、かつ働き続けるわけにもいかない、この2つの問題点を解決するためのフレーズが、キャリアアップです。

転職するのではなく体調の悪化が原因であったり、結婚など一身上の都合による退職の場合は事実をそのまま伝えます。

このような場合でも早く辞めたいといった感情は出さず、申し訳ありませんという気持ちが伝わるようにするのがコツです。

ページの先頭へ