再就職と失業保険の手当について

このエントリーをはてなブックマークに追加

失業したら、まずは再就職を早くしたいと思うのは当然だと思います。

失業期間中の収入を確保するためには、再就職のための求人探しをする前に、失業保険の手当を受給できるように必要な諸手続をとりましょう。

失業保険を受給するためには、条件を満たした上で、必要な書類の提出をしなければなりません。

人によっては、失業手当がもらえないこともあります。

再就職のために行動するつもりならば、退職前に失業手当について情報を集めておきましょう。次の仕事を見つけるために何らかの行動をしていることや、1年以上の被保険者期間がある人でなければ、失業手当は受給してもらえません。

この時、同じ会社にずっと勤めていた必要はなく、いくつかの会社を転々としていても、被保険者期間の合計を確認します。

前の会社を退社した時に失業手当をもらっていたり、再就職するまでに1年以上あいている時は合計する事はできないので確認してみましょう。

大抵の人は、働いて得る以外の収入がありませんので、生活費が不足するのではないかと思うものです。

車や家のローンを組んでいたり、家族の生活費を稼いでいた人は、どんどん貯金が減っていくことになるでしょう。

コンスタントに収入が得られるように早く再就職をしたいものですが、次の仕事がいつ見つかるのか、確かなことは誰にもわかりません。

今までに貯めた貯蓄が生活のために減っていくのを目の当たりにすると、早く次の就職先を見つけなければと焦ってしまいます。

現在の仕事をやめてから、再就職が決まるまでの間、どのくらいの失業手当が受給されるのか、事前に確認してみるといいでしょう。

失業手当 金額
失業手当でもらえる金額は勤続年数や年齢だけでなく、会社都合なのか、自己都合なのかといった退職理由によっても変動します。

ページの先頭へ