看護師国家試験って?

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師国家試験って?

看護師になる際に避けては通れないポイント、それが『看護師国家試験』です。

看護師国家試験とは、看護師免許を取得する際に得ている知識を見定めるための試験で、これを受け合格をもぎ取らないと看護師免許を取得することは出来ません。そして看護師国家試験は規定の学問をすべて履修し終えた人間にだけ受験資格が与えられますので、看護師国家試験を受験するためには国が定める看護師養成学校に入学し、決められた単位を取得する必要があります。

つまり看護師国家試験を受けるためには看護師養成学校で看護学を学ばなければならず、看護師になるには学校で勉強し単位を落とさず取得しその後受けた国家試験に合格しなければならないのです。

国家試験というと、かなりハードで難易度の高いものを想像する方が多いかもしれませんね。ですが看護師国家試験の合格率はそこまで低くなく、平均で90%となっているのでそんなに心配はいりません。きちんと勉強し勉強した内容を頭に叩き込んでいれば大丈夫ですので、あまり不安に思わないでいまはやるべき勉強や実習に専念しましょう。

ちなみに看護師国家試験は年に1回、2月の下旬に実施されていますので、もし受験に失敗した方は次の年の試験までに再度しっかりと勉強をして、翌年2月の試験を目指すことになります。1年間とは思ったより長いものですから、頭に叩き込んだ内容が零れ落ちてしまわないように毎日しっかりと勉強しましょうね。出来れば勉強した内容が身についているうちに合格してしまいたいものですから、現役合格を目指し常に真剣に机に向き合うともっといいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加