大卒・社会人から看護師になるには

このエントリーをはてなブックマークに追加

大卒で看護師になるには、まず通った大学が看護師養成のコースであるかそうでないかによってこれからの道筋が変わってきます。前者であれば看護師をもとより目指している方のはずですから、大学卒業と同時に看護師国家試験を受けて合格できれば晴れてあなたは看護師です。

もしそうではない、大学では違う学問を専攻していたけれど、卒業してから看護師を目指したくなったという場合。この場合は卒業後に看護師養成学校に入学するか、看護系のコースがある大学、短大に入学しなおすかして看護師国家試験の受験資格を得なければなりません。

どちらにしても看護師になるための学問を履修するには最低3年間はかかりますので、看護師国家試験を受験できるようになるのは大学卒業後から3年以降になりますね。どういう学校を選ぶかは学費やライフスタイルに合わせて選びましょう。

そして大学を卒業して一旦社会に出たのだけれど、看護師を目指したくなった方の場合。この場合多いのは専門学校に入学するパターンですね。大学、短大でもいいですが学費が結構かかりますので、お金の面を考えても通いやすいのは専門学校でしょう。

ただもしも看護師として働く中で、スキルアップを目指す方や大学院への進学を目指す方などは看護大学への入学を選んだほうがいいです。看護師として上の立場につく際に学歴は重要視されることが多いようですし、看護学を深く学びたいのなら基盤が整っている大学への進学を決意するべきでしょうから。

ページの先頭へ