多彩な看護師の働き方

このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な施設で働く看護師

看護師としての働きを求めている施設はたくさんあります。総合病院や街中のクリニックのような医療施設だけではなく公営の保健センターや介護施設、そして企業で働く産業看護師など、看護師として活躍できる場所は幅広く存在しています。

そこで今回は、医療施設以外で働く場合のお話です。まずは施設ごとの勤務形態について。企業や保健センターなどで働く場合、勤務時間は基本的に日勤で日祝休みのカレンダーどおり、つまりは一般の勤め人のような勤務形態になります。看護師としての仕事も、病院で働くときのような採血や検査準備、患者さんのサポートなどよりも健康相談や健診などがメインになり、デスクワークのほうが主体になることが多いですね。

総合病院で働く場合、看護師さんは常に忙しく動き回っていることが多いですが、上のような施設で働く場合は体を使うことはあまりなく、基本的に一箇所に詰めて訪れる人を待つ、という感じでしょうか。

そして介護施設で働く場合。この場合も介護士さんのように積極的に入居者や利用者のお世話をする、という風ではなく健康チェックが主体になりますので、健康診断をしたり投薬のチェックをしたり、ちょっとしたキズや健康の悩みを聞き解決をしたりなどの、保健室の先生のような役割をこなすことが多いようですね。

ちなみに介護施設で働く場合は、夜勤があるケースが多いです。入居型の施設の場合は休みも不規則になることが多いので、勤務可能な時間や曜日などあらかじめ自分の中で決めておいてそれをもとに就職先を決めるといいでしょう。

ページの先頭へ